スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の日記は楽しい

"

斎藤工、自身を“男版・壇蜜”と分析 エロス系需要に「自分の職業が分からない」 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150113-00034727-crankinn-ent

 フジテレビ系スペシャルドラマ『上流階級~富久丸百貨店外商部~』の完成試写会が13日に東京都内で行われ、主演の竹内結子、共演の斎藤工、竹中直人、桂文枝、草刈正雄が出席。自分のことを“男版・壇蜜”と評すなど、相変わらずの“斎藤工ワールド”が展開された。【関連】竹内結子、斎藤工らが登場した『上流階級』完成試写会フォトギャラリー 不倫をテーマにした昨年放送の連続ドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』で“エロメン”俳優の名を欲しいままにした斎藤は「年末年始と“男版・壇蜜”さんのような仕事をさせて頂くことが多くて、自分の職業が分からなくなってきた」とエロス系需要に若干混乱気味。 斎藤は、竹内が演じるヒロインのライバルで、ワケありエリート社員役ながら、今回も裸体を披露しているそう。「大した体じゃなくて、粗品なんですが……」と恐縮するも、竹内からは「いい体だなと思いました」とその肉体美を褒められていた。 ドラマの原作は、神戸の老舗一流百貨店の外商部を舞台にした小説『上流階級 富久丸百貨店外商部』。バイトからの叩き上げアラフォー女性・鮫島静緒が、一癖も二癖もある日本屈指の金持ちを相手に、ノルマ月1500万円の達成のために奮闘していく様を描く。 斎藤は「私自身バックパッカーをやっていたりして、未だに2千円以上の買い物にドキドキします」とドラマで描かれている富裕層の世界に目が点。タイトルにちなんで「上流階級を感じる瞬間」を聞かれると「このようにドレスアップさせていただいて、ライトの下に立つこと自体が非現実的。普段はカビみたいな生活をしているので、こういう瞬間に自分は華やかな世界にいるんだと感じる」とシミジミ。 また、「デパートで最初に見るもの? 値札です。あとは大家族用の家具とか。どんな家族が使うのかなと想像しながら歩くのが好き。決して買いません。妄想ショッピングです」と終始“斎藤工ワールド”を展開していた。 フジテレビ系スペシャルドラマ『上流階級~富久丸百貨店外商部~』は1月16日21時から放送。



"

斎藤工 裸のシーンあり「体には自信なし 粗品です」 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150113-00000101-spnannex-ent

 フジテレビのスペシャルドラマ「上流階級~富久丸百貨店外商部~」(16日後9・00)の完成披露試写会が13日、都内で行われ女優の竹内結子(34)、俳優の斎藤工(33)らが出席した。 斎藤は百貨店外商部に配属された竹内の部下を演じる。昨年同局で放送された連続ドラマ「昼顔」で女性ファンを虜にしたが、同ドラマでも裸のシーンがあり、そのことに話が及ぶと、「年末年始は“男版壇蜜”みたいな仕事をしていました。なんだか自分も職業がわからなくなってきました。でも体には自信がなく、粗品ですが」と話し、会場を笑わせた。 斎藤は良家出身のおぼっちゃまを演じたが、プライベートでは「カビみたいな生活をしている」と謎の発言も飛び出し、「バックパッカーをやっていたこともあり、今でも2000円以上の買い物はドキドキする」という庶民的な一面ものぞかせた。 作家・高殿円氏の小説「上流階級富久丸百貨店外商部」(光文社刊)が原作。竹内演じるバイトからの叩き上げアラフォー百貨店外商員が、ノルマを達成するため奮闘する姿を描く。

引越し 岡山 見積もり
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

サトシサマ

Author:サトシサマ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。